2017年8月10日木曜日

りんこの初体験・お料理教室に行ってみた

 熱海にある「トスカーナ熱海」は一見さまお断りの隠れ家的な

レストランなんだが、ここのオーナーシェフが月替わりで

お料理教室を開いているんだな。
 
 
                                                    ↑トスカーナ熱海さん 入口


 
オーナーシェフの萩原かなえさんはル・コルドン・ブルー(仏)

ご出身。湯河原で「カフェ・トスカーナ」を開いていた頃から

大人気で、お味は保証、何度かアテクシもお邪魔しては

その丁寧で美味しいお料理に魅了されていた。
 
 
       ↑美人だけど飾らない、でもすっごく優しいかなえ先生

 

そのかなえさんが熱海にお店を移されて、お料理教室も

そこでなさっていると聞いてはいたんだが

 

「人が作ったものを食べるのは大好き」⇔「自分は作りたくない」

の狭間で揺れるアテクシ、必然的に足が向かない。

 

そう、アテクシはきっと香港人、または台湾人、または大阪人

に違いないのである!(←朝から屋台でご飯食べちゃう勝手なイメージ)

 

しかしである。

ひょっこりと時間が空いた。

 

しかも、お料理が「印度カレー」。

 

「え?カレーってハウスさんとかS&Bさんの『ルー』で作るもんじゃ

ないんかい!!!???」

 

という恐ろしい意識でいたんだが、まあ、一生に一回くらいは

 

「インド人もびっくり!」なアテクシも

 

「ルー以外の作り方」を覗いてみっかと

 

一念発起して行ってみた(どんだけハードル高いんだよ)。

 

 

今日の生徒さんはアテクシも含めて5名。

 

まず、かなえ先生から「今日のお料理の簡単な説明」があり

実際にひとつずつのお料理を作り始める次第。
 
 
          ↑ いよいよ調理開始の30秒前
                
 

仕上げに入る前にきちんと復習タイムが設けられており

「このスパイスにはこういう役目がある」とか

「北インドと南インドのお料理の違い」とか

「各お料理のコツ」などの丁寧な説明があるんだな。

 

そして、いよいよ実食。
 
     ↑手作りプリン、手作りナンも含めて全てアテクシの手作り♡ 

 

「おおーーー!!??めっちゃ簡単だったのに

こんなに美味しく、美しく仕上がる~~!!??」状態。

 

まあ、冷静に考えれば、食材もすべて用意されていて

分量も計算されていて、生徒は揉み込んだり、混ぜたり

しているだけで、なんや知らんが、魔法のように

出来上がっているという寸法なんだが

 

感想を一言で述べるならば「楽しいーーー!!!」

 

いや、なんか病みつきになりそうだな。
 
             ↑和モダンなお部屋で頂くザマスよ

 

老後、アテクシは「乾き物スナック・西の魔女」という

お店を出そうと思っているんだが

 

(来た客に「アンタは西に行きな!西に!」とママ(アテクシ)が

力強く進言するスナックな。しかし、乾き物しか出ない)

 

もしかして、これはアテクシ、乾き物以外にもなんか

出せるようになるんじゃね?って希望を抱いた(すぐ、その気になる)。
 
 

↑今日はたまたま「七尾たくあん」で有名な岸浅次郎商店のお嬢さんたちが参加で
美味しいお漬物も供されたよ~。
 
http://www.asajirou.net/ ←岸浅次郎商店のHP(通販有り)
 


来月の9月は実りの秋のスペイン料理、10月は和食で楽しむ秋の味覚。

どの会も実食含めて5千円。

つまり、かなえ先生は「旅する料理教室」を主宰されているんだな。

 

アテクシ、もしかしたら「人が作った料理が好き」から

「てめ~が作った料理も好き」になるんじゃね~~???と

新たな才能の新芽を発見した日になったかも~~!!??(あくまで「かも」)
 
 
        ↑高台にあるトスカーナ熱海。花火大会付きのお食事OK   
                
 

皆さまもご興味がある方はかなえ先生のFacebookを見てみてね。

 


 

実際に日帰り温泉がてら、お料理を楽しみつつの、舌鼓を打ちつつの

一石三鳥のプランをお考えのあなた。

 

「鳥居りんこのブログで見た~」って先生に言ってみてね~。

(特に何の特典もございません<m(__)m>

 

かなえ先生は本も出されているので、熱海は遠すぎる!という方は

こちらをどうぞ。

 


 

 

いや~、いくつになっても「初体験」は良いものだね~(^^

 

皆さまも是非是非「この年でこんな初体験」話を教えてくださいね~!

 

 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿