2017年7月19日水曜日

「じゃあどうして欲しいの?大学行って欲しいの?」


(コメント欄に頂いたものですが、みんなの悩みどころでもあるので

こっちに移動しますね)

 


田舎の公立高校に通う娘と息子の母です。

場違いを承知で書き込みしますね、すいません。

ウチの息子が全く同じ状態です。なんならもっとひどいかも、、、

 


「姉と比べられるのはもう散々。勉強は嫌いだ。高卒で就職する。」と。

 

「大手に入ってもラインで夜勤だよ。大丈夫なの?」と言うと

 

「じゃあどうして欲しいの?大学行って欲しいの?お母さんは

どっちなの?」とこちらに決めさせようとする。

 

ちょっと育て方がまずかったのかもしれません、、、反省の日々です。

 

私立中高一貫校だったら、大学一択ですよね。正直羨ましいです。

 

りんこさんのおっしゃる「努力と思わずにそこそこできること」って

何なんだろう??ウチの息子にあるかな、、、??

今のところゲームしか浮かばない笑

 

それが見つかれば高卒だろうが大学だろうが悩まない気が

するんですけどね。

 

とりあえずこんな親子もいるということで。

何だか世間でいうところの底辺(本当はこの言葉好きじゃない)な

お話で申し訳ないですが、、、

 

子育てってだんだん悩みが深刻になっていくのが辛いです。

ウチの息子、どうなるのかなあ、、、

 

とりあえず元気でいてほしいんですけどねえ、、、

 

イマイチ覇気がないのも気になるところです。

 

理想を押し付けてるのかなあ、、悩みがつきない毎日です。

 

☆☆☆

 

りんこからのお返事

 

全然、場違いではないですよ~。

この問題は結構、多くの母が抱えているんじゃないですかね。

 

かく言う私もそうだったなぁって黒歴史を振り返る。

 

私の話はもう絶版になっているけれど「偏差値30 卒業編」って

本の中に書いてあるので、興味があったら図書館とかで探してみてね。

 

悩んでいたときのこの悩みは「勉強しやしねーー!!(くそ野郎!)」

ってことに代表される悩みだったと思う。

 

なんで、あんなに焦ったかと言うと、今の日本て全員が

同時に飛ばないといけないじゃない?

縄跳びやってて、縄が来たら、一斉に飛ぶ。

で、引っかかったら、もう縄跳びには一生参加できないルール。

 

ホントはさ、全くそんなことはないんだけど、なんだろうね

渦中にいると見えなくなる。

 

だから、私はさ、そんなことに価値を見出していない

もっと人生にとって大きな意味のある教育を「これだ!」って

信じて、ぶれずに粛々とやっている学校を紹介したくて

活動してるんだけどさ

 

現実は3歳で年少に入り、7歳になる年には小学校に入り

12歳は中学で15歳は高校で、それで、大学に入ったら

3年ではインターンになって、就活しなよってレールがあって

 

内定もらえなかったら、もう人生終わりみたいな

 

「ここで跳べ!」ってことがあまりに多いよね。

 

女子にはこれに35歳までに出産しろとかさ、大きな世話じゃん?

 

その内、はい、あなた85歳になったんで死んでください

ってなるんじゃないかって思っている(←これは歓迎)。

 

全員で同時に同じことをしなければならないという

違和感を持たない方がおかしいのに

 

なんで、母はその違和感に気が付かず、世間様と

足並みを揃えることにやっきになり、しかも、その足並みの

先頭に立ちたいんだろうね。

 

>「大手に入ってもラインで夜勤だよ。大丈夫なの?」

 

私ね、問題はここにあると思うよ。

 

大手が良いのね?

だけどライン仕事も夜勤も嫌なのね?母は。

 

自分のことを棚に上げての発言、申し訳ない。

(アタシも同じだよ~。やった経験もないのに

最初から決めつけて、世間で言う高収入に目がいく)

 

でもね、母ってものすごく狭い視野になっちゃうし

今の社会状況を紋切型で見ちゃう傾向があるように思う。

 

私、思うに、仕事は好きなことで食べられたら、それが

一番良いとは思うけど、それって最高にきつい道でもあるよね。

 

親はそれがわかっているから、もっと安全路線に行かせたくて

「待った!」をかけるけど、これが危険だよなぁって今は思う。

 

>「努力と思わずにそこそこできること」

>それが見つかれば高卒だろうが大学だろうが

>悩まない気がするんです。

 

ここが、もう嘘じゃん?(笑)

 

出来れば聞こえの良い大学に入って欲しいし

高卒ならば、例えば「トップパティシエ」を目指すような

気概が欲しいのに、なんだ、何もやる気ないんだ、

ただ、ダラダラしてゲームしてて、いいわね、アンタは!

私はアンタのために、すっごい疲れてるのに!!

 

って本音がポロポロこぼれてる。

アタシがそうだったんだよなぁ。

まんま、アタシ。

で、子どもはこうなる。
 

何を言っても反対されるのは目に見えてるから

「だったら、アンタが(俺の人生)決めなよ」に

なるんだよね。

 

こうなるとね、好きなことを見つけられない。

 

母から逃れるための現実逃避しか選択肢が

なくなるもん。

 

結局、育てたように育つってことだと思うけど

 
でもさ、ウチはとっくに成人だけど、コメント者ちゃんとこは

まだ高校生だから、軌道修正はいくらでも可能じゃん?

 

母が変わったら、変わるよ。

 

それには母が飛び切り楽しいことをしてるっぽいなぁって

見せることだよね。

 

自分が不満の中にいて、毎日、つまんなくて

なんかいいこと起こらないかなぁって思っている時に

 

やる気もなく好き勝手しているように見える我が子が

視界に入るだけで、人生にとってはどうでもいいことで

説教が始まるよね。

 

それで、母のストレスを発散しちゃダメよ。

取り返しがつかないことになる。

 

条件ありきの子育ては失敗する。

 

ウチでちょい前に流行ったゲームで「藤井4段参りましたゲーム」

ってのがあるんだけど

 

「今日の近所での出来事」を子どもにクイズ方式で

出題するのね。

 

ウチの街、店舗の衰退が激しくて、コロコロ業種が

変わるんだけど「角の潰れたコンビニを射抜いた業種は何?」

 

って出題するのね。

 

子どもは「吉牛?」とか「まさかのコンビニ?」とか言って

付き合ってくれるんだけど、正解に至らないときに

 

「藤井4段、参りました」って言わないといけないルールに

したわけよ。

 

母親に「参りました」って言うのは屈辱以外の何物でも

ないからさ、渋々なんだが、あたしゃ、快感で大笑い。

 

一番身近な人を傷つけない、大切にしていくってことが

家族にとっては一番大事って松居一代さんが身を持って

教えてくれてるNOWだよね。

 

この家に帰ってくれば、とりあえずあったかい飯があって

安心して眠れる寝床があって、そして何より母ちゃんの

機嫌が良い!

 

これだけで子どもは勝手に進路を自分で決めていくんだと

思うよ。

 

さあ、もうそろそろ、自分のために生きようよ。

残り時間、短いし(笑)

 

監視の目がゆるくなることが、子どもにとっては

一番の成長になることなんだと確信している。

 

 

 

2 件のコメント:

  1. りんこさま
    お久しぶりでございます。
    私はいつもくよくよしているので何も言えないと思い、書いていいものかどうか迷いながら書かせていただいています。
    私の娘は何度か書かせていただいているように、あの懐の深い中高一貫校でさえ、「これでは高校に上がれません」と言われたド底辺の中学時代を送り、現実は甘いので高校に上がれましたが留年との恐怖の戦いでした。
    私がやいのやいの言っているうちは全然改善ありませんでした。うちは何かいうたびに返事はワンパターン「くそばばあ」「うぜー」「死ね」とある意味ボキャ貧?
    でもカウンセリングなど受けてみると「ちゃんとお母様に嫌だという思いを伝えられるのですね。安心しているからこそ言えるのです」
    安心?馬鹿にしてるだけのような…
    そして私は前にも言ったかと思いますが、高校留年しても卒業できなくても、そんな娘を受け入れようと腹をくくりました。と言うと聞こえはいいのですが、放任致しました。大学なんてもちろん行かなくてもいいし、もし行きたいのならどんな大学でもママはいっさいかまわないという態度を貫きました。
    不思議なことにいっさいの口出しをやめ、アドバイスもやめたら、勉強し始めたのです。でも態度を貫くために成績が良くなってもあまり関心がないということで褒めたりもしませんでした。

    娘は自分で選択したかったのです。親に言われてやることは断固拒否!だったのです。

    好きなことがゲームでもかまわないと思います。続けようがやめようが子どもが自分で決める。

    親の言いなりの人生は苦しいです。
    私はこんなに年を取っても(りんこさんより年上ですから!)それでも母に支配され続け、息苦しくてなりません。私は反抗できず、いつも負かされていました。今でも…

    だから娘が自分で選択した人生を生きてくれるのは嬉しいのです。失敗も苦労もあるでしょうが自分で決めたことなら頑張れます。親に決められたことに従って生きることはなんと言いましょうか、吐き気がします。吐き気の人生、嫌です。

    娘に連鎖しなかったことでやっと母に勝てたと思います。

    その娘ですが、大学には至って不真面目に通っておりまして、先が思いやられるのが本音です。明日から試験だそうでにわか勉強していますが私の言うことは高校時代と同じ。
    「嫌になったら寝ちゃえばいいんだよー。睡眠、大事!あなたが健康で生きていてくれたらそれでいい」

    本当に子どもって生きていてくれたらそれで良くないですか?

    私の親は決してそう思ってくれませんが、私は乗り越えられました!

    返信削除
  2. ももんがちゃん!!
    久しぶり~~!!コメントありがとうございました♡

    ももんがちゃんはいつも一生懸命で、もがきながらも
    なんとか自分の問題点を見つめて、改善しようとしているので

    素晴らしい生き方じゃないですか!

    しかもお嬢さん、すごいし(拍手)

    毒母のことはご一緒に語り合いたいですね。

    ウチは母、死んだんですが、呪縛は抜けず
    今も私は大混乱状態なんですよ。

    子どもたちの小さい頃は私は呪縛の中にいることも
    全く気付いていなくて、同じ過ちを丁寧に繰り返したような
    もので、もう取り返しがつきません。

    せめて、娘には同じ思いをさせまいと努力中ですね。

    そういう意味でも、私はももんがちゃんを尊敬するし

    ももんがちゃんもきっとこれから沢山、素敵な出来事が
    待っていると思います。

    また会おうね。

    返信削除