2016年11月10日木曜日

好みはいかんともしがたく


 マイナビで連載中の鳥居りんこの中学受験コラム、

第23回がアップされました。


今回は「学校の理念はとっても大事」ってお話を

小難しく述べました。


 マイナビコラム)




私立学校は経営が大事なので、世の中のニーズに応えようと

頑張るのは当然なんですが、そこにね、なんかポリシーが

ないとガッカリしちゃうんですよね~。


今は共学校人気なので、突然「ウチは共学になりまーす!」って

宣言してなっちゃう学校が結構、あるんですが

ホント好きじゃない(笑)。


だってね~、そのちょっと前まで「女の子は女子校で過ごすことが

素晴らしいのです!」なんてことを大真面目に語っていた

同じ人物が豹変して「やはり、世の中は男女で構成されるの

ですから、共学で過ごすことに意味があるのです」って

抜かしやがるわけですよ。


心底、ガッカリしますね~。


まあ、その先生だって、宮仕えの身には違いないですから

そう言うしかないわけですけど、変わり身の早さに

付いていけないわ~って思います。


そんな中、ある男子校で「先生のとこは共学とか考えないですか?」

って気軽に聞いたら、そこの校長がめっちゃ怒りました。


「あり得ない」ってことですね。


信念持って、男子校でやっているんだから

伝統あるその理念を変えるわけがなかろうが!ってことで

久々、しびれましたね。


ああ、さすがだなって。


価値観は人それぞれでいいのですが

「幹」を簡単に変える土は信じられないなって気がします。


まあ、これは好みなので、人それぞれですが

私は「本校はこういう人間を育てて社会に出す」っていう

核なるものを持っている学校がたまらなく魅力的に

映りますし、せっかく私学に行くのなら


コロコロ変わる文科省の施策をはなから全く相手にしていない

信念を持った私学に通ってほしいなぁって思っております。




0 件のコメント:

コメントを投稿