2016年9月18日日曜日

生理的に無理なもんは無理なんだべ

鳥居りんこが週1連載をしておりますマイナビコラム。

15回目がアップされました。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/40762



今回は皆さまにお聞かせするのも「どうよ?」という
バカ話であります。

それはまだ私が中学受験初心者母も初心者母だった頃、

名まえの知れている偏差値の高い学校に
息子をぶっこんだら、息子ではなくアテクシが

一生甘い汁をチューチュー吸えるのでは?と
半ば本気で信じていた頃の追想録になっております。

ただ、当然ではあるのですが、思うようには偏差値が
伸びてくれないので、色んな学校を見学には行っておりました。

その時のエピソードを記した話なのですが

私、川淵元チェアマンに対してもそうだったんですが

書いちゃった後に「書いちゃった!てへぺろ」って事後報告を
することが多いです、そう言えば。

これも藤嶺藤沢の校長先生には事後報告で「てへぺろ!」しました。

この年代のカリスマって呼ばれる方たちの共通点だと思いましたが

川淵さんもそうでしたが、藤嶺の濱谷校長も

大笑いで「いやいや、書いてくれてかえってありがとう」みたいな
感じだったんです。

器が広いんですよね〜。

ここで言うのもなんですが、顔写真使用にうるさい某芸能事務所
ありますよね。

私、そこの所属タレントさんのことをこのブログで
ほんの2行ほど書いたことがあるんですよ。

2行だから、悪口すら書けません。
「同じ空間にいたので、同じ空気を吸いました」的なことだけです。

そしたら、猛クレームが入り、削除させられたんですよ!

はぁ?言論の自由はどーした!?っていうよりも先に

「めんどうなので、消します」ってことにしましたが

「器、ちっさ!」ってことだけが記憶に残りました。

(器、ちっさ!だから、今年、この騒ぎなんじゃね?(怒))

でもね〜、私が接して来た方たちの中で

「この方は本当に人心掌握術に長けてるなぁ」って方は

例外なく、他人へのリスぺクトがすごいです。

一発でファンにさせられちゃうっていうんですかね。

カリスマと呼ばれる方はやっぱり人間の度量が違うなって
思います。

こういうことがあると、良いことも悪いことも
起こることすべてが勉強だなってありがたく思います。

それで、コラムの話に戻りますが

学校選びのときって男選びと同じでね

生理的に無理!って思ったら、もう無理なんですよ、そこは。

「ひとりの変な生徒を見ただけで決めるな!」とか

「対応がおかしな教員がいても、そこだけで判断しない!」とかは

お受験評論家先生さまたちがよく口にされますが

いや、無理なもんは無理。

そういう人をたまたま見ちゃっただけだとしても

それが運命です。

苦しい受験をするのですから

恋しましょう。

恋する対象がまだ見えてこないのであれば、
捜しに行きましょう。

受験も恋い焦がれて、ナンボだと私は思います。

それが例え、ゲレンデの恋であったとしても・・・です。


2 件のコメント:

  1. サビエルママ2016年9月19日 9:12

    りんこ様、まだ私は、介護はしておりませんが、いずれやってくるであろう、様々な葛藤を抱えながら向き合って行くのですかね。
    娘の不登校でもそうでしたが、一番キツいのは『終わりがない』と感じる時でした。パラリンピックの選手が『考えても仕方ない』と自分自身と向き合ってあんなに激しい競技出来るのは、何故なのでしょうね。
    ところで、高校受験についてですが、うちは地方なので、近くの公立→落ちたら近くの私立という構図です。別にそれが嫌だと言うわけではありません。娘は全くピンと来ていない様子。
    何か親として今から出来ることはないかと考えています。

    返信削除
    返信
    1. 介護はね〜、それぞれの成育歴とか、今の家庭やら仕事との
      バランスの問題もあるので、難しいですよね〜。
      パラリンピックの選手の方の気持ちは想像しかないですが
      なんでも苦境に立ったときに、決して諦めではなく
      それを静かに受け入れたときに、また違う力が生まれるのでは
      ないかな?って思ったりしています。

      お嬢さんには私だったら、世間の常識と呼ばれていることの
      真逆を提示していくと思います。

      例えば、友だちはいてもいいけど、いなくて良くね?とか

      未来はとても明るいとか

      大人になれば楽しいことばかりとか

      そう言って育て、22歳までに家を出て独立すると
      もっともっと楽しいよ〜!って言います。

      寂しいけど、それが私の娘(息子も同じだけど)への
      数少ない、見せることができる愛情です。
      ご参考まで。

      削除