2016年8月26日金曜日

高畑淳子さんはどうすれば正解だったんだろう


 高畑淳子さんの謝罪会見を見た。

もう辛すぎるの一言だ。
 


 成人した子どもなのに親が平身低頭で公に謝罪しなければならない

って何なんだろう。

 

犯罪が行われた理由を突き止めたいがために

高畑さんの子育てに問題があったのでは?的、戦犯探しの

質問ってどうなんだろう。

 

聞きかじりだから、どこまで当たっているかわからないが

 

育てにくい子を育てるって、しかもひとりで育てるって

並大抵のことではなかったと思う。

 

多分、学校からも「お宅のお子さん、問題あります」って

ことで、お呼び出しをくらっていたと思われるし

 

もう、それだけで母は十分、パニックになるんだが

 

具体的に何がどうって言えないだろうけど

何となく、この子は心配だなぁっていうことが

つきまとっていたんだと思う。

 

そんな中で、叱ったり、諭したり、励ましたりで

考えられる、母が出来ることはやってこられたんだと思うんだよな。

 

多分、普通の9時5時的仕事よりも、個性が際立つ方が優遇される

芸能の仕事の方が合っているのでは?と思い

 

本人が乗ってきたから、それを自分の持てる限りの力で

バックアップしたんじゃないかと想像している。

 

私が高畑さんの立場であっても、同じような道のりを選択

したんじゃないかと思うんだよな。

 

ここまで母を責めないと世間は納得しないんだろうか。

 

私が憂うのは、名古屋の事件でもそうだけど

こういうことが起こると、余計に少子化が進むよなってことだ。

 

子どもを育てることが本当に恐怖になってしまう。

 

子どもを産むって選択はある意味、向こう見ずなところが

ないとできないことで

 

考え過ぎると一歩も前に進めないんだと思うんだが

 

子どもを持っても、責任と金だけかかって(しかも延々と)

見返りがないという層が出て来てもおかしくない。

 

少子化の遠因には自身の育ちをあまり良く思っておらず

(自分の親は不適切だったという意味)

その自分が子を育てる自信がないという人たちが

かなりの割合でいるんじゃないかと勘ぐっている。

 

未成年に対しては、親の責任云々を問うのはまだわかるが

成人して、自分で稼いでいた、別個の人間に対してまで

親の責任を執拗に追及するのは違うと思うんだよな。

 

だって、責任を追及しても、謝るしか選択肢がないんだもん。

 

欲しい情報があるとすれば、じゃあ、これまで高畑さんが

感じていたような漠然とした不安を親が持ってしまう子に対して

親はどうすれば良かったのかという1点だ。

 

公開処刑のようなことで溜飲を下げる人がいるんだろうか。

それよりも、こういう風潮が子育てを一層、厳しいものに

していると言わざるを得ない。

 

この国で子どもを育てて行くことが

なんでこんなに大変になってしまったんだろう。

 

変えて行くにはどうすればいいんだろう。

 

 

 

 

 

6 件のコメント:

  1. 考えすぎると産めない、本当にそうですね。
    うちの4月に就職したばかりの三女は、生理が来ないと言って、明日産婦人科に行く予定です。正式に診断されないと、妊娠とはわかりませんが、就職したばかりで、ホントに軽率だなぁと思います。この軽率さがないと今は子どもつくる踏ん切りがつかないんじゃないかと思います。
    私は産むのは反対ではないんですが、今の仕事を辞めることには反対です。娘の職場は福利厚生がよくて、産休育休、時短勤務、寮完備、職場内保育園もあります。しかも彼の実家は車で30分。(我が家は2時間)転職するなら彼だと思うんですよね。
    でも彼は大志を抱いて都会に行ったので、娘は追いかけて行きたい様子。避妊を怠ったのも、彼をつなぎとめるためでしょうね。
    まぁ産婦人科の結果次第なんだけど、仕事をどうするかで娘とバトルする予定。心配して次女も帰ってきて、ジャッジする予定。でも私は折れないわ。子育てと仕事の両立は甘くないのよ。

    娘がお金貯めて仕事辞めて、都会に行ってから妊娠するんじゃなくて、まだ親の近くにいる頃で、内心はほっとしてます。
    二人は国立病院勤務の看護師で、就職したての今すぐじゃなければ、何年か待てば、退職しないで転勤も可能です。

    返信削除
    返信
    1. まあ!ご懐妊!?
      おめでとうございます!!

      お母さまのご心配は募るとは思うのですが
      やっぱり赤ちゃんが生まれるのは大きな喜びですよね。
      (と不妊治療、死産、切迫流早産の経験者の
      私はこころからそう思います)

      3女さん、幸せなご家庭を築いてほしいです。

      削除
  2. とても悲しい事件です。
    高畑さんは来年からは休業を考えられているとか?
    決まっている舞台のお仕事はされるそうです。
    一生懸命育ててこられたのに、なんで母親がこんなにバッシングされるのでしょう。とても辛いです。
    でも「どんなときでもお母さんは味方」と支えていらっしゃるのは素晴らしいです。
    なにがあっても味方になる。
    その覚悟がないと生めないってことでしょうか。
    昔はどうしていたのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 少子化を打開するためには、ヤンキー気質の人たちに
      ガンガン産んでいただき、行政でかなり手厚い
      教育プランを施すのが手っ取り早いのかなって思っております。

      ちょっと年が行って、妙に知恵が付いちゃうと
      こんな国では子育てできませんって。

      何も考えない内に産むか、それとも儒教教育を
      一から施すかのどっちかしかないですよね〜(ため息)

      削除
    2. そうですねー、考えないうちに生むのもひとつの方法かも。楽天的じゃないと生めないです。そういう私も楽天的に生みましたが現実は厳しく、二人目なんて考えられませんでした。
      だけど連鎖していたらますます悲惨な国になるので国には教育に力を入れていただき、ビートたけしの母みたいに「貧乏は教育で断つ」くらいの気合いが必要かも。子どもたちから変えていかなくては!
      今日、あしなが育英募金を受けているお子さんからお礼の手紙が届きました。工業高校に通うことができていますって。
      私は娘が大学に合格したとき、自分の子どものことだけ考えていたらダメだと思い、せめてみんなが高校に通えるようにと微々たる寄付金だけど毎月送っています。娘にはナイショです。そんな金あったら自分によこせというので(笑)
      巡りめぐって娘がいつか困ったとき人に助けてもらえるよう、親の因果が子に報いるよう、本当に書くのも恥ずかしい少額ですが、続けることが大事と自分に言い聞かせています。
      喜んで工業高校に通えているという報告がすごく嬉しかったです。たくさんの人が彼を支えてくれているんだなあと。そして感謝の手紙を書ける彼はきっと社会に恩返ししてくれることと信じています。
      ねっ
      だから教育から変えないと!

      削除
    3. そうですねー、考えないうちに生むのもひとつの方法かも。楽天的じゃないと生めないです。そういう私も楽天的に生みましたが現実は厳しく、二人目なんて考えられませんでした。
      だけど連鎖していたらますます悲惨な国になるので国には教育に力を入れていただき、ビートたけしの母みたいに「貧乏は教育で断つ」くらいの気合いが必要かも。子どもたちから変えていかなくては!
      今日、あしなが育英募金を受けているお子さんからお礼の手紙が届きました。工業高校に通うことができていますって。
      私は娘が大学に合格したとき、自分の子どものことだけ考えていたらダメだと思い、せめてみんなが高校に通えるようにと微々たる寄付金だけど毎月送っています。娘にはナイショです。そんな金あったら自分によこせというので(笑)
      巡りめぐって娘がいつか困ったとき人に助けてもらえるよう、親の因果が子に報いるよう、本当に書くのも恥ずかしい少額ですが、続けることが大事と自分に言い聞かせています。
      喜んで工業高校に通えているという報告がすごく嬉しかったです。たくさんの人が彼を支えてくれているんだなあと。そして感謝の手紙を書ける彼はきっと社会に恩返ししてくれることと信じています。
      ねっ
      だから教育から変えないと!

      削除