2018年1月26日金曜日

子育ても介護も「下に~、下にが大原則」!?


 最近、教育関係者の方と介護関係者の方に直接、会って

勉強させて頂く機会を絶賛、展開中のアテクシ。

 

まあ、色々とお話を聞かせて頂く内に気付いたことが

あってですね

 

ほれ、アテクシ「人の不幸話」が大好きじゃないですか?(殴)



 

「『おーほほほ学校』に余裕で受かりましたのよぉ、

ウチのお坊ちゃま。まあ、当然の結果ザマスから、大したこと

ございませんことよ、おーほほほ」

 

なんて抜かしやがった女が数年後

 

「あのさ、聞いていい?学校の秘密部屋に(成績不振で)

お呼び出しをくらったんだけど、これって何!?これって?」

 

って言ってきたり

 

優秀有能を自画自賛し(優秀有能なのは息子)、金をかけ放題に

かけてきた女が

 

「(超一流職に)就職したのはいいんだけど、子持ちの女と

結婚するって言ってんねん!?」

 

なーーーーんてことが起こると、アテクシ

 

「よっしゃ!同じ土俵か!?同じ土俵だな?

もう同じ土俵にするぞ!」的なアドレナリンが沸々と湧いてきて

 

そいつらが調子良い時は内臓されていたアテクシの耳が

にょっきにょっき出てきて、ダンボになる性癖を持つわけですな。

 

おーほほほほ、性格が悪いと笑わば笑え~~

 

でね、気が付くわけですね。

 

こういう性癖を持っているせいか、そういう話が集まる。

 

まあ、一般ピーポーはアテクシも含め、子どもなんて

授かっても、せいぜい2~3人の体験ですわ。

経験値がないから、右往左往必須で、高確率で子育てなんて

うまくいきませんわね。

 

介護も同じですよね。自分の老いも経験してないし

そもそも、親の介護とかもやったことないんですから

いきなり来られても、ムズイんですよ、ミッションが。

 

で、うまく行っていると思われる人を見ては勝手に

落ち込むという、自分勝手なことをやっているわけです。

 

誰も「落ち込んでくれ!」なんてお願いしてないですから。

 

で、こういう話が集まるものですから、嫌でも気付く。

 

すっごく有名な教育者の先生とか、超一流校の先生だとか

介護のスペシャリストだとかの先生方とざっくばらんに

話しますわね。

 

するとね、ほぼ100%、うまくいっていない。

 

医者の不養生ってヤツですかね。

 

うまくいっていないから語れるってことが大いにあると

思うのですが、面白いほど、うまくいっていないってことに

 

アテクシ、先ほど、申し上げましたように、性格が何なもので

ものすごい安心感を得るわけです。

 

「マジかよ!?こんな素晴らしい先生でもダメなら、

アタシがダメでもあったりまえじゃん!!」っていう安心感です。

 

言えるのはね「あ~、うまくいってないな」って思う人生の方が

味があるってことです。

 

学校の先生なのに、我が子が学校に行っていないなんてことを

オフレコで話してくれる時に

 

もちろん、すごい悩みなんですが、その悩みの思考プロセスが

その人そのものを深めるんだなぁって。

 

だから、ものすごく魅力的な人物に映るわけです。

 

もっと話を聞いてみたいなって感じですかね。

 

メディアも学校なども、良い部分、或いは成功例を語りがちです。

失敗例でも、結果、こんな夢を掴みました的な物語の方が

作品が作りやすいので、そういう発信の方が多くなると思います。

 

そこと比べて、私たちは勝手に落ち込んだり、凹んだりしている

わけなんですが

 

多分、超えていく人っていうのは

 

苦しい中でも、あがいてあがいて、どうにか浮上しようとし

そこで、何らかの気付きを得て、その経験を無駄ではなかったと

思えるところまで昇華させられる人だと思っているのです。

 

でも、悲しいかな、ほとんどの人たちは神様から「凡人」と

して産出されてますから、結構な時間、あがかないと

この境地に達せないですよね、多分。

 

なのでね、アテクシは提案するわけです。

 

「下に下にって見ようよ」って。

 

上を見るから、比べて辛くなる。

 

そこで、下を見ると「まだ下がいる!」って発想になれたら、

まだマシです。

 

辛い時って、自分が最下層ですからね。

 

その時には、もうこう思うしかないんです。

 

「ひとりじゃない!」

 

これはね、ものすごい力をくれますよ。

 

そう、ひとりじゃないです。

 

あなたの周りの、あの人も、この人も、苦しすぎて言えないだけで

やっぱり、壮絶な悩みを抱えている。

 

でも、どっこい、生きてるし、ってね。

 

弱い自分を見せることで、得られる協力者は沢山います。

 

追い詰められたら、籠らないで

 

「こんなに辛い!」って声に出してみると、また違ったところから

違った考え方が降って来る。

 

そこで、気付きが生まれて、悩みは悩みとして残るかもしれないんですが

悩みを見る角度が前とは違っていることを実感すると思います。

 

アテクシは偉そうですが、それが人としての成長ってやつじゃないかと

思っているのです。

 

神様は快楽物質の先に成長はくださらず、悩みやもがきや苦しみの果てに

成長を用意しているんだなぁって思ったりしております。

 

これから、受験生の母たちは特に「比べまくる」波に翻弄されて

疲れ果てる季節を迎えます。

 

「うまくいかなくなる」時こそね、一人語りでもいいし

ここでもいいしで、何かを書いて、或いは声に出して

 

自分が何が不安で、何が不満で、何に怯えているのかを

整理してみると、また少し、前進できるのでね

 

うまくいかないなぁって時にこそ、下を見てみるってことを

一回やって「ひとりじゃないな」ってことで、

ちょっと落ち着くってことをやってみるといいですよ~。

 

 

追伸:明日はいよいよ、大生誕祭!です。

   ご参加の方、キャンセル等の連絡は本日21時。

   明日は是非、元を取って帰ってください。

   ちょっとだけの勇気と積極性であなたを包む空間が

   変わります。

   今が苦しい人こそ、とにかく楽しんでくださいね。

   「楽しもうと思う人」が楽しめるってことを実感してね。

 

 

 

2 件のコメント:

  1. りんこさんへ
    どんぐりです。昨年末、ダブルケア遠距離介護生活がようやく終わりました。入退院を繰り返す義母に長年向き合っておりましたら、未就園児だった娘は気づくと成人してしまいました。長かった〜〜しんどかった〜〜が本音です。子育て中のあんなこんなの困りごとも一通り経験し、しっちゃかめっちゃかのまま五十代も半ばに差し掛かろうとする自分に愕然とします。明日参加します。これまでをリセットする大切な日にしようと思います。皆さんよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. いや、どんぐりちゃんは長すぎるじゃん!?
      もう本当に頭が下がるし、よくやったよね。
      偉いよ。
      もすさー、年寄りはスッと逝かないと、一族が苦しむよなって
      思うと、私はスッと逝ける薬を合法にして欲しい。

      あした、よろしくね。ありがとね。

      削除