2017年9月17日日曜日

占い師VS.りんこ


 定期的にスピ系やら、風水系にマイブームが訪れることがあり

「あなたのオーラは」だとか「あなたの前世は」系の話に

喰いつくことがある。
 
 
 
 

そういう時は気持ちが弱っていて

何かに頼りたくなる時なんだが、ブームはすぐに去る。

 

何故なら、その診断にムカつくからだ。

アタシが求めてたんちゃうーーー!!って感じになる。

 

ある時、前世占いの権威と呼ばれる人の所に行って、当然、前世を

見てもらった。

 

高名占い師は世間話をするテイで情報を聞き出し、結果を告知するらしく

私は「和泉式部の生まれ変わり」となった。

 

なわけねーべ!? と当然、反論する。

 

日本史上最強の魔性の女。

何一つ、接点がない。

 

そうしたら、その高名占い師は「違うのも見える」と言い出した。

 

うむ。苦しゅうない。違うパターンを申せ!と私。

 

高名占い師は「外国の肌が濃い子どもたちに囲まれている

白衣の男性が注射針を持っているのが見える」と言った。

 

私は一気に信じ込み「えーーー!!??私の前世はお医者さん

(しかも善意の塊のような!)だったんですね~!!??(喜)」と

小躍りした。

 

するってーと、その高名占い師はこう抜かしやがったのだ。

 

「いや、医者とは言っていない。ただ白衣を着て、注射針を持っている

と言っただけだ」

 

はぁ~~? 注射針+白衣=医者ってのは誰に聞いても正解だろう?と

反論する。

 

絶対に譲らない高名占い師。

 

もう、そこは医者!って言っとけよ!そしたら、気持ちよく帰れるのに!

と提案しても、譲らない。

 

ってことで、超ムカつきながら帰った記憶がある。

 

そんなこんなでブームが去っていたのだが、この度

訳があり、ブームが到来。

 

いかにも胡散臭そうなお爺さんに見てもらう。

 

お爺さんは「アンタに恋愛運は全くない」と言った。

 

いっすよ、いっすよ。私は20代の未婚女子じゃないんだから

山尾さんとか斉藤さんとか今井さん(しかし、多いな)のように

 

子どもと離れてまで、男とどうにかなる気もないし

第一、そんな奇特な人も出ないことはわかってますよ。

 

お爺さんは続けてこう言ったんだな。

 

「だって、アンタ、男だから」

 

はいーーーー!!!???

アテクシは生まれて来た時から女の子だっちゅーの!!

(すみません。女の子は言い過ぎました・・・)

 

お爺さんは「女だってのはわかっとるわ!そういう意味じゃない。

男以上に男気があるってことだな」

 

じぇーんじぇん嬉しくないっ!!

 

そこも占い結果にムカついて去る。

 

最近、よく「カウンセリングに行っているんです」というお声を

聴かせてもらったりするのだが、正直、ちょっと羨ましい。

 

大昔、カウンセラーという人と話をしていて、こう言われたことが

あるからだ。

 

「あなたにカウンセリングは出来ません。私がしてもらいたい

くらいです」

 

同じ頃、ある精神科医にも言われた。

 

「あなたにカウンセリングは必要ないです。何故なら、自己解決

してるから」

 

全く笑えなかった。

 

最近、ママ友に仕事先での人間関係の悩みを打ち明けられたことがある。

 

私はママ友に「えー?そんな意地悪をしてくる奴がいるんだ!?(喜)

アタシもそこにパートで入って、どんな風に言ってくるのか

見ようかな?(ワクワク」と言ってしもうた。

 

ママ友は一言、こう言った。

 

「りんこには多分、言って来ない。だって、りんこ、めちゃくちゃ

自分を持ってるから、意地悪お局も太刀打ちできない」

 

ママ友よ、本当の私はか弱いん(多分)だよ・・・。

くそー、誰もわかってくれないとは!!

 

ということで、降って湧いたような占いブームは急速に終焉を

迎えた。


☆☆☆

前回の毒親問題にご興味を持ってくださった方々、ありがとうございます。

皆さんと情報交換をして、解決はしないにしても、傷口から血がしたたり

落ちないで、ちょっとしみるくらいの痛みに出来ないものかと考えております。

もし、よろしければ、WEBバージョンに付いている

「お問い合わせはこちらから」でメールを

いただけるとありがたいです。 




0 件のコメント:

コメントを投稿