2017年5月25日木曜日

振り込め詐欺撃退法

わが町ではですね、役場のスピーカーが各所にあってです

そこから頻繁に放送が入るわけです。

今、一番多いのが「振り込め詐欺」



「振り込め詐欺の電話が集中してかかっています」ってヤツです。

アテクシ、自慢じゃないですけどね、詐欺に引っかかる率が高いです。

特に息子関係は間違いない。

「この塾に行けば〇校は合格!」であるとか

「この講座さえ受ければ、レポートは楽勝」みたいなものには

大変、弱く、果ては

「1単位、今なら 3千円!」なんてものがないかと

こっちから詐欺を呼び込もうとする始末ですね。

社会人となった今は心配がなくなるどころか

余計に心配ばかりが募るという羽目に…(涙)

で、ヤバいわけです。

そこで、息子を呼びつけて、作戦会議を開催しました。

「何か、合言葉のようなものを決めたいと思う」とアテクシ。

「おう、決めろや」と息子。

「では、問題です。お母さんが小さい時に飼っていた犬の名前は?」



息子は勝ち誇ったように、こう言いました。

「レオ!」(どや?すごいやろ~?ちゃんと、答えられたで~!」

アテクシは言いました。

「ぶ・ぶーーーー!!!」

「なんでだよ?レオじゃん?」 と不満げな息子。

「正解はチロでした! レオを飼っていたのは母が10代の頃です!」


「わかるかーーー!!!」

交渉は決裂しました。

う~む。

歴代の犬の名前を列挙させよう作戦は失敗です。

なんか良い方法はないもんですかね~???



 


1 件のコメント:

  1. 私の住んでいる市は、防災無線が無料で全戸設置です。凄いでしょう。
    それで振り込め詐欺の注意喚起はあまりない。最近あったのは、消火器の点検を装って買わせるというもので、もう10年くらいずっとあります。
    振り込め詐欺が少ないのは、私の住む県は方言が難しくて、他県人にはほぼ無理。私も他県出身でもう28年住んでるけど、マスターできない。だから東京からかけてくると、息子じゃないことが一発でわかるんですね。
    りんこさんも他言語をマスターしてみては?

    返信削除