2017年3月1日水曜日

信じるな、疑うな、確かめよ


プレジデントオンラインで連載中の鳥居りんこコラムが

アップされました。

 

今回のタイトルは「中学受験 子供を潰す「NN母」の残念な特徴5

であります。

 

 
 


NN母というのは中学受験大手塾がやっている講座で

「何が何でも」の略なのですが

 

まあね、最後の最後はどの母も「NN」状態に追い込まれて

いくのが中学受験なので、出来うるならば近づかない方が

母の美容と健康には良いですよね~。

 

このコラム上で言いたかったのは

 

母は母としてやらなければならないことが確かにあると思うんですよ。

 

それはあるとは思うのですが、子どもの年齢が上がって来るごとに

ひとつずつ、自分が子どもにしていることが今100だとしたら

 

翌年は90にして、自分に対して10を費やすという方向に

持って行き、干支2巡目終了の子どもが24歳の時点で

 

子ども0、自分自身100にすることを目標に置いていた方が

いいよ~ってことですね。

 

空の巣症候群って言葉がありますが、とりわけ中学受験を経験した

母の罹患率は高いんですよね。

 

そうしないと合格出来なかったからね、仕方なかったと思います。

でも、中学に入ったら、徐々に徐々に抜いていくってことが

とっても大切ですよね。

 

そのためにも母は今から自分は何をしたくて、何をやり残しているのか

について、少し考えていかないと人生はアッと言う間に老いていくって

ことですよね。

 

プライオリティーを決めて取り掛かることも大事ですし

人生は常に選択の連続なので「どっちでもいい」「なんでもいい」

「どうでもいい」は自分の人生に失礼なことなんですよね、きっと。

 

「これがやりたい」

「これがいい」

 

ってことを子どものことなら決められるのに、自分のことになると

途端に怪しくなりやすいですからね~。

 

ヨガの言葉で「信じるな、疑うな、確かめよ」という有名な

台詞がありますが、要はこういうことが大事だなって思う次第で

 

フラットな立ち位置で、自分で確かめて、どれを取って

どれを捨てるのかの選択をした方が楽しくなるよ、きっと

ってことが言いたかったわけであります。

 

プレジデントオンラインをご覧になってご訪問くださった

皆さま、ありがとうございました。

 

もちろん、日ごろから読んで下さっている皆さま

いつもお世話になっております(#^.^#)

 

さあ、私たち、もう少し、我がままになってやっていきましょうか。

明日も頑張ろうね!
 
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿