2017年2月3日金曜日

さあ、3日目!


 今日こそが本命校という方も多いと思うし「リベンジだぜ!」って

燃えている方も沢山いるよね。
 
 



3日間、連チャンで受け続けていると母もヘロヘロになっているだろうけど

ここが勝負時。

諦めない、この気持ちが大事だよ~。

 

今、待合室でこの画面を見てらっしゃる母はこれをやってみ。

 

前にも紹介したことがあるんだけど、意外と効く!っていうのが感想。

 

「偏差値30」のたこ太(りんこ長男)のNの室長さんが教えて

くださったんだけどね、試験中に母は学校のトイレ掃除をすると

不思議と受かるよねって話。

 

「りんこさん、これは何だかわかんないけど、すごい運を呼びますよね?」って

真顔でおっしゃったことがあるのよ。

私、すごいびっくりして。

 

だって、私も確信は持てなかったんだけど

「これ、すごいかも?」ってずっと思っていて

でも確信がないので、誰にも言ってなかったんだよね、その時までは。

 

それをご尊敬申し上げる室長さんに言われちゃったので、

その瞬間で確信に変わったという次第。

 

それを3年くらい前から、このブログで「もしかしたら?」って書いたの。

 

これが、結構、勝率がいい!

 

で、詳しくその母たちに聞いて回ったりしたんだよね。

どんな感じでやった?って。

 

するとね、共通点みたいなものが出て来て、

もしかしたら、これが受験ってことなんじゃないか?って

今、強烈に思うことがある。

 

受かりたい、合格させてほしいっていうのは誰もがそう思うので

その気持ちはないといけないと思うんだよ、思うんだけど

 

でもね、共通して母たちが思いを込めたっていうのは

更にもう一段階上の話になる。

 

母たち、掃除をするときに「ありがとうございました」っていう

気持ちを込めたって、ご縁を掴んだ全員がそう言ったんだよね。

 

「ここまで、我が子が『絶対にここに通いたい!』って気持ちになって

日々、努力を重ねてこられた、この得難い経験を積ませていただき

それだけで感謝です」ってそういう気持ちで

学校のトイレの神様に語り掛けたって教えてくれたんだよね。

 

合否はわからない状態で、でも感謝できる。

この学校を受験するチャンスを与えてもらえたことをただ感謝する。

 

これって、学校に対してもそうなんだけど、ある意味、

我が子と自分自身のこの目指してきた日々へのリスペクトだと思うの。

 

これを学校側に伝えられたとき(トイレの中ですが)に、

その母たちは「いい受験」として

仕上げることができたんだなぁって、そう感じるんだよなぁ。

 

合格は欲しいし、それを目指すんだけど

一方で「いい受験」になったか?っていうことも、すごく大事なことで

もし、そう思えたら、合格以上のものを既に手にしているってことだと思う。

 

 何年か前にも書いたけど、本郷で3回とも不合格になった父子が校長先生に

こう言ったっていう話に凝縮される気がする。

 

「ここに来たかったけれども叶わなかった。

でも、貴校のおかげで、この子の将来を本気で考え、

この子も自分の未来を自分で掴もうと努力できた。

これは得難い経験です。

 

受験できて本当に良かったですし、ありがたくて、

学校には御礼をきちんとお伝えしたいと思い、お待ちしておりました」

 

とそのお父さんは言い、息子さんもきちんと御礼を言ったんだって。

 

当時の校長先生、北原先生だけど、その話をされたときに泣いてらしたんだけどね

つまり受験って、そういうことなんだって

北原先生に教えてもらったことがあるんだよね。

 

「いい受験」にするために親ができることは一杯あって、

それは本当にありがたいことだと思ってる。

 

子どもが大きくなると、親にできることは何もなくてね。

自分の手元を離れていく前に、もっともっとしてあげられたことや

伝えてあげることができたはずなのに

 

人生で優先順位が低い順に、しかも怒鳴りながら

伝えちゃったような気がするんだよね、私自身は。

 

でもね、今、試験会場にいる皆は出来るじゃない?

 

できる「今」だからこそ、何をすればいいのかを考えて、

もう既に一杯手にしている幸せを少しだけ、気に留めながら

合格発表も見てほしいなぁって思っているの。

 

受験会場で今、これを見ている母たち。

祈りと感謝の気持ちで学校に語りかけてみて。

 

きっと母の思いが通じると信じてる。

 

まだ3日目!

さあ、元気を出して、今日も美味しい夕ご飯を買いに行こう!

(あたしゃ、ホントに手作りを勧めないね~(笑))
 
 
 
 
 
 

14 件のコメント:

  1. 1日目や2日目は勢いですごすことができます。
    はっと我に返る3日目こそこのような言葉が母たちには必要です。 一番苦しんでいるときにメッセージを送り続けてくださるりんこさん、ほんとうにほんとうにありがとう!

    返信削除
    返信
    1. 温かいお言葉ありがとね。

      人生で味わう子育ての醍醐味のひとつが中受かも
      しれないよね。

      桜、みんなに咲いてほしい。

      削除
  2. 今日は、勝負かけるような学校には、とても学力足りなかったので、抑えの抑え校に来ています。明日、チャレンジ校の3日目最終試験は、気合い入れてトイレで念じてきます!
    昨日は、最後に暖房便座が故障してる個室に入ってしまい残念な気持ちになってしまったのがよくなかったのかも。。。

    返信削除
    返信
    1. うんうん、悔いがないくらいにやれることは全部やる!
      これがコツだよね。

      今日の結果がとても良く、明日に繋がりますように!
      吉報を待ってるね。

      絶対合格!!

      削除
  3. 先ほど 合格の掲示を見に行って そこに子供の番号はありませんでした。
    学校の方には夫が行っていて もうすぐ帰ってくるのですが
    何と声をかければいいのか、涙が出てうろたえてしまって 
    これじゃいけないと思ってここに来ました。

    いろいろなことに感謝するキモチ、すっかり忘れてしまっていました。
    この三年間 焦っていらいらして怒ってばかりでした。
    明日の試験ではトイレで感謝したいと思います。 

    返信削除
    返信
    1. 伝える前に泣くだけ泣くと、意外とあっさり
      「ダメだったけど、明日はイケそうな気がする~!」
      って、うまく話せると思うよ。

      ピンチの時にどう考えるのかが未来を決める。
      母が必要なのは、こういう時ね。
      底力、見せてね。

      明日の試験はきっと合格発表の番号が
      余計に輝いて見えるよ。
      合格、勝ち取れ!!

      削除
  4. 3年前の受験組です。毎年この時期にはりんこさんのメッセージを読みにきます。
    ちょっと苦しい気持ちと幸せな気持ちが同時によみがえる、何とも不思議な感情と共に当時を思いだして過ごしています。
    トイレ掃除。私もこのブログで知り、やりました!トイレクイックルやブラシ一式持参でした!!!
    一つじゃ飽きたらず?何個のトイレも掃除しました。最初は、合格お願いしますと念じていたのですが、段々がんばれ!大丈夫!とトイレを通じて子どもに「気」を送っていて、最後はやっぱり「ありがとう」でした。
    ここに入りたいと思わせてくれた素敵な先生や先輩に出会えた感謝、無事に受験出来たことに感謝、そしてこんなに頑張れる子どもに育ったことに感謝。
    結果、どの学校からも合格頂けました。
    トイレの神様っていると思います。子どもが戦っている間、業者のようにひたすらトイレ掃除をするのありだと思います。
    受験生のお子さん、お母さんの幸せ祈っています。最後まで頑張って下さい。

    返信削除
    返信
    1. おおーー!!
      ブラシ持参ですか!?それは神様とのすごい語らいになったね(笑)

      私もどうもトイレの神様がいるような気がするんだよね~。

      応援メッセ、ありがとね。

      削除
  5. 受験母の皆さん、お疲れ様です。
    2年前、私はりんこさんのブログにどれだけ助けていただいたか分かりません。とても感謝しています。
    私は、子どもより自分が動揺してしまった不出来な母で、今でも悔いが残っています。
    みなさんは是非最後まで、明るく温かい、いつものお母さんでいて下さいね。
    気持ちが折れそうになったら、りんこさんのこれまでの記事を読み返して、力をもらって下さい。
    皆さん、あと少しです。あと少し踏ん張って下さい。
    ここまでできたんだもの、きっと大丈夫。
    応援しています!

    なおぶう

    返信削除
    返信
    1. なおぷうちゃん、ありがとう。
      いやいや、なおぷうちゃんも良いママだよ。

      気持ちが折れかかると本当に闇に飲み込まれていくので
      それを出来るだけこらえるっていうことが
      明暗の分かれ目のような気がするんだよね~。

      こうやって先輩ママが声を届けてくれることが
      何よりの応援です。ありがとう!!

      削除
  6. 2月のこの時期中学受験の親子を見ると心がキュンとなって「ガンバレ〜」って思います。
    うちも3年前受験終了組です。初日は午前も、午後も追い打ちをかけるように落としてさすがにお風呂で大泣きする子供に私がうろたえました。それでも次の日も試験に向かう子供の姿を見た時の感動は忘れられません。
    今はご縁のあった学校で中3、まさに反抗期。あの中学受験時の子供との濃密な時間は時が過ぎると経験出来ないもんですね。りんこさんのブログに救われ私もトイレ掃除を感謝しつつ毎回やりました(笑)今も頑張っている皆さんにどうか綺麗な桜が咲きますように....特大元気玉送ります!

    返信削除
    返信
    1. ノアチンちゃんもありがとう!!

      あはは、反抗期があるのは順調に育ってる証拠!

      本当に濃密すぎる時間を過ごして来れた私たちは
      それだけで十分、幸せなんだろうなって思います。

      削除
  7. 昨年受験組です。
    トイレの神様いましたよ。
    母パワーきっと届きます❗

    返信削除
    返信
    1. おお!?やっぱり神様、おられましたか!?
      いるよね???
      不思議なんだけど、いるんだよなぁ。

      応援、ありがとう!!

      削除