2017年2月2日木曜日

2日目で泣いているあなたへ


 中学受験本番母の皆さん、息してる?

2日目の午後受験も終わった頃かな?

 


想像以上に疲れるでしょ?

自分史上、最大に発狂できる1週間だもんね。

 

すごい数の悲しみの号泣メールを頂いておりますが

(それだけ、残念だった人が多いって証拠だよね)

 

あのね、まだ2日目であーだこーだ言わないの!

 

明日は明日で、チャンスの神様が「こっちよ、こっち♪」って

手を振ってくれているのに、涙で見えなくしてどーする!?

 

気合入れんかいっ!!

 

言っとくけどね、お宅のお子さん、サルじゃん!?

 

サルなんだから、今が本番かどうかもわかんないのが普通で

いつもの模試感覚で行ったら、全然、違う雰囲気で

波にのまれた状態が今なんだよ。

 

でも、サルはサルなりにようやくお目覚めして

「やべ!?本番・・・?」って気が付くのが2日目終了時点なのね。

 

「嘘だろ!?なんで俺様(または偉いワタクシ)の番号がないんだ!?」

くらいの感覚なんだよね。

 

番号がないんじゃなくて、落ちたってことだよ!わかれよ!!バッカ!!

 

って母の気が遠くなる頃合いが2日目の夜なんだよね。

 

これがね、至極まっとうと言うか、ごくごく普通なのよ。

 
 
なんせ、12年も生きてないんだから、この緊張感の中

2日も過ごしているだけ、すごいと思うよ。

 

でね、問題は母であるあなたね。

 

サポーターとして、コーチとして、史上最強の応援団長として

今、やるべきことは何?

 

ため息をつくこと?

 

子どもに嫌味を言うこと?

 

泣き顔を見せること?

 

ガッガリしているのは受かると信じていた子どもなんだよ。

 

でもね、サルもようやく気が付いて、アイドリング終了。

これからギアを上げていくからね。

 

そのために、母はもう色々考えるな!

あめ~が色々と思考を巡らせ出すと、ロクなことにならん!

 

とにかく体を動かせ。

何も考えるな。

 

事務的に明日の受験校の用意をする。

 

美味しい飯を買って来る。またはデリバる。

 

お風呂を沸かす。

 

加湿器を用意する。

 

ベッドメーキングをして

 

 

「今日は今日。明日は明日。明日は明日の風が吹く。

グッドラック、きっと大丈夫。ゆっくりおやすみ!」

 

とだけ子どもに言って、眠らせる。

 

受験前に画面に誓ったよね?

 

絶対に、何があっても、最後の最後まで、全力で我が子を支え抜くって。

 

じゃあ、やらなきゃね!

 

さあ、合格呼び込むよ!

 

泣いてる暇はないからね !(^^)!
 

 

 

 

 

 

 

6 件のコメント:

  1. お天気に恵まれて上々の試験日和ですね。
    8年前に受験生だった息子は
    当時の主任の先生と一緒に
    塾の先生として
    2年間関わった生徒たちの応援に
    昨日も今日も
    早朝は駅立ちの激励
    夜は採点と補講、合格発表の確認で
    真夜中帰宅というスケジュールです。
    (まるで親のような感情らしいです。)

    みなさんが最善の道へと導かれますように
    お祈りしてます。

    返信削除
    返信
    1. バンビちゃん、ありがとう!
      しっかし、兄さん、相変わらず惚れるわ。

      あたしゃ、タイツマンの進路が気になってしかたない(笑)

      削除
  2. りんこ様
    私信です。
    あのピンクのタイツマンは
    慶應理工で学んでいらっしゃるそうです。
    タイツは脱いだみたい。(≧∀≦)

    返信削除
    返信
    1. いやん、バンビちゃん、ありがとう!!

      そっかタイツ、脱いじゃったのか・・・(がっかり)
      しかし、やっぱKOだったか!?
      にほいがしましたものね~(笑)

      削除
  3. 初めてコメントします。6年前、合同説明会でりんこさんの講演を聴いてから、本を読ませていただいていました。3年前に長女、去年息子が中学受験終了しました。りんこさんの学校訪問でとても良い学校と紹介してくださっていた女子校、男子校にそれぞれ入学し、楽しく毎日を過ごしています。私にとって息子の学校は第一志望ではなく、私の中の第一志望は残念な結果でもう喪失感は半端なく息子のいないところで泣く日々でした。しかし、息子から、あの学校はママがいいと言ってたから第一志望にしたけど、本当は僕はこっちの学校の方がよかったんだ、だから本当に今は僕のなかでは第一志望に受かった気持ちなんだよ。と数日後言われ、救われた気持ちになりました。偏差値の高い学校ではありませんが、毎日楽しく過ごしてる姿を見て、ここが息子の居場所だったんだなと思いました。絶対受かると思ってた塾の先生が第一志望の学校に点数を聞いてくださったらあと二点か三点で合格だったそうです。でも、これでよかったんだと今は胸を張って言えます。
    長々とすみません、でも、今戦ってるみなさんにエールを送りたくてコメントしました。
    みなさん、合格をいただけた学校がお子さんの本当のベストの学校ではありますよう、お祈りします。

    返信削除
    返信
    1. ひこママちゃん
      応援メッセ、ありがとね。
      講演も聞いて下さり、旧blogかな?学校訪問記も
      参考にしてくれてありがとう!!

      もう子どもが「楽しい」って言ってくれる学校が
      一番いいんだよね。

      親としては結局、子どもの笑顔を見てたいんだからさ。

      応援ありがとね。
      経験談は何よりものエールです!

      削除