2016年12月21日水曜日

旅のお供に是非、どうぞ!?


 今年の出版物ではなく去年のものなんですが、私、 通称「介護本」って

いうものを「地球の歩き方編集部」から出版させて頂いたのです。
 
 
                  ↑読売新聞 12月20日付 朝刊


 
それでまあ何故か、昨日の読売新聞の朝刊に「地球の歩き方」さんが

「介護本」の広告を載せてくださったんですね。

 

なんでも私へのクリスマスプレゼントらしいです。

(え~?なんか「物」が良かったよぉ(殴))

 

年末ってことで「ハワイいかが?」っていう特集広告です。

 

そこに「旅のお供として」→「介護本」を連れてってねって形で

登場していて笑いました。

 

まあ、介護と言っても「お笑い」に走った本なんで

プールサイドとかでのんびりしながら、ダラダラ読み、笑っていただけると

本望って言えば本望です(ハワイの空気に合うのかは知らん)。

 

この本は要するに親の介護が始まった瞬間からのオロオロを綴ったものです。

 

年寄りって徐々に衰えていっているのだとは思うのですが、それがね

親本人もそうなんですが、子は自分のことではないから余計に

「先送り」にしちゃうんですよ。老いてる事実を認めないっていうね。

 

で、準備期間がないまま、いきなり介護スタート!になるわけです。

 

大腿骨骨折で入院とか、いきなり倒れて救急車とか、そういうことです。

 

ウチの場合も「なんか変だな」とは思っていたんですね。

足元がおぼつかないなとか、そういう感じです。

 

でも「大丈夫じゃね?」くらいな感じで見て見ぬふりをしていたら

結果、パーキンソン症候群という国指定難病だったというオチが

つくんですが、そのオチがつくまで3年くらいかかっているわけですよ。

で、なんだかわからないんだけど、親は確実にどっかが変で、もはや

親の病院付き添いが日課になっているみたいな、そんな暮らしでしたね。

 

そこから「介護保険って何?」みたいになっていくわけで

 

行政は確信犯的にわざと難解な用語を使って、わかりにくくして

申請者を減らそうとしているに違いない!と今も思っているんですが

 

そういう行政に対する怒りと親に対する「手間暇かけやがって!」っていう

(てめ~じゃなんも出来ないくせに、文句ばっか言うなー!っていう

アテクシの心の叫び@現在進行形)

 

怒りをぶちまけている問題作?です。

 

この問題作の主人公である私の母。

今は老人ホームにいるんですが、先月、腸閉塞で手術になり

長期入院をしていたんです。

 

「あ、死ぬな!」って思ってたんですが、施設長曰く

 

「りんこさんのお母さまは生命力がお強くていらして…」

 

私、おかげさまで毎日、翻弄されておりますの。おーほほほ(壊)。

 

第1弾、介護本は老人ホームに親を突っ込んだところで終了しますが

この春、第2弾を出します!

 

老人ホームに突っ込んだら、介護終了、アテクシ自由!と

思っていたのに、何故、こうなる!?の日々を綴ります。

 

しかしです。問題はです。

まだ一文字も書いてません!!(威張り~~~)

 

どうなる「介護本2」!!??

 

皆さま、りんこが「出せる」「出せない」で賭けをしてくださっても

よろしくてよ、おーほほほ(壊)。

 

アテクシ、今、自分は絶対に来年は「YDK」(やればできる子)に

なるように、どっかにお願いに行かないといけません。

 

皆さま、どこか良い神社はありませんかね?

あ~、既に他力本願。

 

来年は「介護本2」の行方を笑いながら見ていてください~!

 

あ、編集者さま、広告ありがとうございます。

はい、書きます!書きます!今、書きます!(書く書く詐欺より)

 

 

 

 

 

 

2 件のコメント:

  1. うちの骨折した母は、今月末には入院している整形外科から退院してねって言われて、どうしようってケアマネージャーに言ったら、「〇〇病院が回復期のリハビリやってますよ」と言われて、翌日の2時頃整形外科に転院したいって言ったんです。そうしたらその日の4時に電話があって、明日なら受け入れ可能だけどどうする?って言われて、転院しますって即答しました。なんでも発症から2 ヶ月以内なら90日を限度に受け入れる病棟に入れるらしい。2ヶ月経過はその週の金曜日で水曜日に転院したというきわどいところでした。
    今は午前午後にリハビリを受けて、昨日病院と介護事業所が自宅をみにきて、入口とか段差とか測って、在宅で暮らせるようなリハビリと住宅改修をすることになってます。
    今も毎日お昼頃に病院に通ってますが、母も自力で食事がとれるようになったし、病院は家から車で30分なのでそんなに負担じゃない。本当にタイミングがよかった。感謝しています。

    返信削除
    返信
    1. おおー!大変だったんですね。90日ルールがありますものね。
      老健たらい回し制度もなんだかなぁって思っております。

      お母さまの早いご快癒を祈っております。

      削除