2016年9月28日水曜日

マイナビ 鳥居りんこコラム 第16回がアップされました


 マイナビで連載中のコラムがアップされました。
 


 
今回は「文化」についてのお話です。

 

人生において、文化ってすごく大切なものだと思うんですよね。

 

「文化」の意味はいろいろあるとは思うのですが

良い文化に触れて行くということが、その人の人生を

良い意味で深めていくように感じます。

 

子育てにおいては親がどのくらいわが子に「良い文化」という

「環境」をプレゼントできるかで、その子の伸び方が変わって

くると思っています。

 

子どもにとっては学校という環境がすべてになりやすいので

そういう面からでも、学校を選んで行くといくことは

とても大事なことだと言えます。

 

内申がこうだから、自動的にここという選択ではなく

この学び舎を選択することによって、わが子のこういう面に

刺激を与え、将来的にこころに潤いを与えるであろうと

思える場所を選ぶってことは本当に幸せなことであるし

親が子どもにしてあげられる数少ない出来事だという風に

解釈しております。

 

この意味で学校選択は本当に慎重にやっていかないと

いけないのですが、その見極めのひとつに

 

街の文化を感じてほしいってことを書きました。

 

学校は街の中にあり、学校もその街の中で育てられていると

いうことに他なりません。

 

出来るならば、文化が感じられる街と共にある

学校を選んでいただきたいと願っております。

 

一例を挙げると、神奈川県は逗子にある逗子開成と

北鎌倉にある鎌倉学園は同じ湘南地区にあり、ほぼ隣同士の

街になりますが、この2校同士も全く違う雰囲気の学校ですし

そもそも街の匂い、文化が全く異なります。

 

どちらも文化度が強烈とも言えるほど高い地域であり

とても解りやすいので、例として挙げましたが

 

実際に行ってみて、その街の匂いもろともを感じて

わが子に合っているかなという視点で見ていただきたいと

思います。

 

こういうことが意外と大切で、大学合格実績がどうとか

偏差値がどうという以上に意味を持っていきます。

 

教養は学問を通しても身に付きますが、こころの教養を

どう身に付け、わが子が長じたときに

身に付けた文化度でどんなことに楽しみを見つけていくのかが

幸せに生きられるかどうかの分かれ目にもなるなぁって

思いを持っているので、いろいろな面からアクセスして

わが子の「環境」を選び取ってくださいね。

 

このことが中学受験をやる意味の大きなひとつになると思います。

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿